オッペン化粧品 遊サロン

フェイシャルエステ・小顔エステなら清水区のフェイシャルエステ 遊サロン。

オッペン化粧品とは
information

フェイシャルエステ 遊サロン
〒424-0066
静岡県静岡市清水区七ツ新屋1丁目14-44

line

【フェイシャルエステ 遊サロン】は清水区にあるオッペン化粧品を使ったフェイシャルエステサロンです。完全予約制なのでお子様連れでも大丈夫です。小顔エステもお任せください。

TEL.090-7604-8715
営業時間
メールは24時間受付けています。
  • HOT PEPPER
  • EPARK
  • LINE

トップページ > オッペン化粧品とは

オッペン化粧品とは?

オッペン化粧品の歴史

  • オッペン化粧品の歴史

    オッペン化粧品の化粧品作りは、1953年に大阪市西成区の小さな洋品店の2階の小さな流し台から始まりました。
    1957年に「龍宝堂製薬株式会社」を設立。販売部門を「オッペン化粧品本舗」と命名し、製販分離体制としました。
    「オッペン」は、「オープン」と「オペ(手術)」を組み合わせており、「肌を美しく、健康に保つ」という意図が込められています。
    オッペン化粧品の歴史は、「肌に本当によいものは何か」を探り続け、大学との共同研究により新保湿成分の開発など、独自成分開発の歴史であると言っても過言ではありません。
    一方で、オッペン化粧品は化粧品の正しい使い方、女性に美意識を開花させた「オッペン美容新聞」など、化粧品を開発販売するだけではなく、美容に関する知識も全国に広めていきました。オッペン化粧品の製品が、日本の女性美を支え続けたといっても過言ではありません。

オッペン化粧品の品質について

  • オッペン化粧品の品質について

    オッぺン化粧品の高品質は環境・システム・ヒトという3つの力による相乗効果によって実現されます。
    緑と水に囲まれた自然豊かな環境に最新鋭設備が整えられたオッペン化粧品滋賀工場では、研究、開発、製造、流通まで、一貫した自社体制で行われます。
    ISO9001をいち早く認証取得しており、顧客満足を得られる製品の生産が国際的に認められています。
    そんな工場では、安全で高品質な製品をお客様のお手元にお届けするために人パッチテストによる安全性と効果性試験、容器に微生物が混入していないか微生物試験、どんな環境でも品質を保つことができるか安定性試験など全工程においていくつもの厳格な品質検査を実施しています。
    また、製造を担うスタッフは、常に高品質な製品を生み出すために全力を注ぐ技術者。
    こうした様々な力が合わさって生まれたオッペン化粧品は、多くの女性から喜びの声を頂き、支持されてきました。

取扱化粧品のご紹介

  • 薬用 妙

    薬用 妙

    肌を上質なうるおいで満たして、ハリと弾力を呼び覚ます。
    いくつになっても、肌の奥底からいきいきと元気がわきあがる「進化する若々しさ」をおとどけします。

  • フィールメージュ リバイティア

    フィールメージュ リバイティア

    肌の生まれ変わり「分化」に着目したスキンケア。
    健やかさ、うるおい、しなやかさ、若々しさ、ハリという5つのファクターを目覚めさせ、美肌サイクルをめぐらせて、年齢やストレスに負けない肌へと導きます。

  • イルミティー

    イルミティー

    スキンケアは、肌をうるおいで満たし、モイスチャーバランスを整えることが大切。
    イルミティーは自然から得たエッセンスの力で、肌自らうるおいを生み出す力を高めます。

小顔に効果的な使い方

  • 小顔に効果的な使い方

    人の顔は、実は顔の面積にそこまで大きな違いはありません。
    顔立ちの違いによって大きく見えてしまうだけなのです。
    小顔な人は、正面の顔が狭く横顔が広い顔立ちをしており、大きくみえる人は正面の顔が広く、横顔が小さくなっています。
    顔がたるむと、顔が大きくみえてしまいます。
    顔のたるみは毛穴が開いて顔を大きく見せ、さらに更けて見せてしまいます。化粧品はしっかり良いものを選ばないと毛穴が開いて横に広がって大きくなってしまいます。
    老廃物をリンパに流すように行うと小顔効果があります。マッサージクリームを指先に少しずつとって伸ばしていきます。
    ほほ→額→鼻筋→目元・口元→フェイスラインの順に行っていきます。上向きを意識して馴染ませるようにしましょう。
    頬は中心から外側に上向きに伸ばしていき、額は生え際に向かって。鼻筋は上から下に行い、目元・口元は少量を丁寧に塗り込み、フェイスラインも上向きを意識して塗り込んでいきます。